Difference between revisions of "SUM and COUNT/ja"

From SQLZOO
Jump to navigation Jump to search
 
(5 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 89: Line 89:
 
<p>この例を見てもよい: [[Using GROUP BY and HAVING./ja]]</p>
 
<p>この例を見てもよい: [[Using GROUP BY and HAVING./ja]]</p>
  
==Counting the countries of each continent==
+
==各大陸の国の数を数える==
 
<div class='qu'>
 
<div class='qu'>
For each '''continent''' show the '''continent''' and number of countries. 
+
各大陸'''continent'''ごとに大陸名'''continent'''とそこの国の数を表示する。
 
<source lang='sql' class='def'>
 
<source lang='sql' class='def'>
 
</source>
 
</source>
Line 102: Line 102:
 
</div>
 
</div>
  
==Counting big countries in each continent==
+
==各大陸の大きな国を数える==
 
<div class='qu'>
 
<div class='qu'>
For each '''continent''' show the '''continent''' and number of countries with populations of at least 10 million.  
+
各大陸の人口が10000000人以上の国を数え、大陸名とその数を表示する。  
 
<source lang='sql' class='def'>
 
<source lang='sql' class='def'>
 
</source>
 
</source>
Line 116: Line 116:
 
</div>
 
</div>
  
==Counting big continents==
+
==大きな大陸を数える==
 
<div class='qu'>
 
<div class='qu'>
List the continents that '''have''' a total population of at least 100 million. 
+
その大陸の各国の人口の合計が100000000人以上の大陸のリストを表示する
 
<source lang='sql' class='def'>
 
<source lang='sql' class='def'>
 
</source>
 
</source>
Line 130: Line 130:
 
</div>
 
</div>
  
<p><div class="quizlink">[[SUM and COUNT Quiz]]</div></p>
+
<p><div class="quizlink">[[SUM and COUNT Quiz/ja]]</div></p>
<p>[[The nobel table can be used to practice more SUM and COUNT functions.]]</p>
+
<p>[[The nobel table can be used to practice more SUM and COUNT functions./ja |ノーベル賞テーブルをさらに SUM と COUNT の練習で使う]]</p>
<p>[[The_JOIN_operation |The next tutorial looks at the Table Tennis database. It shows how queries may use records from two related tables.]]
+
<p>[[The_JOIN_operation/ja |次のチュートリアルではサッカーのデータベースで、2つの関連するテーブルのレコードを扱うクエリを説明する]]

Latest revision as of 17:25, 18 April 2018

Language:Project:Language policy [[:{{#invoke:String|sub|SUM and COUNT/ja
 |1
 |Expression error: Unrecognized punctuation character "{".
}}|English]]

世界各国のプロフィール: 集計関数

このチュートリアルでは COUNT, SUM , AVG などの集計関数を扱う。集計関数は多数の値から1つの値を計算する。例えば、関数 SUM は 2, 4 ,5 から1つの値 11 を計算する。

namecontinentarea populationgdp
AfghanistanAsia6522302550010020343000000
AlbaniaEurope28748 2831741 12960000000
AlgeriaAfrica2381741 37100000 188681000000
AndorraEurope46878115 3712000000
AngolaAfrica1246700 20609294 100990000000
...

以下の例を見ておくとよい。

Using SUM, Count, MAX, DISTINCT and ORDER BY/ja.

世界人口のトータル

世界の総人口を表示。(各国の人口を合計)

world(name, continent, area, population, gdp)
SELECT SUM(population)
FROM world
SELECT SUM(population)
FROM world

大陸のリスト

大陸名を重複しないように表示。

SELECT DISTINCT(continent)
FROM world

アフリカのGDP

アフリカAfrica の各国のgdpの合計を求める。

SELECT SUM(gdp)
FROM world
WHERE continent = 'Africa'

大きな国の数

面積が少なくとも 1000000 以上の国の数を求める。

SELECT COUNT(name)
FROM world
WHERE area >= 1000000

バルト三国の人口

'Estonia', 'Latvia', 'Lithuania' の人口合計を求める。

SELECT SUM(population)
FROM world
WHERE name IN ('Estonia', 'Latvia', 'Lithuania')

GROUP BY と HAVING の使用方法

この例を見てもよい: Using GROUP BY and HAVING./ja

各大陸の国の数を数える

各大陸continentごとに大陸名continentとそこの国の数を表示する。

SELECT continent, COUNT(name)
FROM world
GROUP BY(continent)

各大陸の大きな国を数える

各大陸の人口が10000000人以上の国を数え、大陸名とその数を表示する。

SELECT continent, COUNT(name)
FROM world
WHERE population >= 10000000
GROUP BY(continent)

大きな大陸を数える

その大陸の各国の人口の合計が100000000人以上の大陸のリストを表示する

SELECT continent
FROM world
GROUP BY continent
HAVING SUM(population)>= 100000000

ノーベル賞テーブルをさらに SUM と COUNT の練習で使う

次のチュートリアルではサッカーのデータベースで、2つの関連するテーブルのレコードを扱うクエリを説明する